“Bread of Happiness”

Posted August 10th, 2015 in Perth WA | No Comments »

o0550079011623962533

There will be a free Japanese film shown at Hyogo Cultural Centre in City Beach this Friday.

The film “Shiawase no Pan” (“Bread of Happiness”) is a 2012 Japanese drama film directed by Yukiko Mishima and starring Tomoyo Harada, Yo Oizumi and Kanna Mori.

<Plot> ” Rie and Nao own a bakery-cum-restaurant named Mani on the shores of Lake Toya, Hokkaido. Nao is the baker who bakes the bakery’s bread, while Rie is the chef who prepares the food in the restaurant. Graced with beautiful scenery throughout the four seasons, this shop serves a variety of customers, some of whom are experiencing personal problems. However, after they exit from the shop, they feel only happiness in their mind.”
– from official website

Screen Shot 2015-08-09 at 9.27.27 PM

 

I love this kind of soft Japanese drama.

There will be no admission fee, and some bread + drink will be provided to the visitors as well.

***  Shiawase-No-Pan **

When:
Friday 14th August 2015, 6PM~

Where:
Hyogo Cultural Centre
20 Kalinda Drive, City Beach
Western Australia 6015
(08) 9385 9002


Colour of Wonder – Kitta Workshop & Exhibition

Posted July 22nd, 2015 in Perth WA | No Comments »

Kitta

A friend of mine is organising this wonderful workshop & exhibition of her creation here in Perth in August (next month!).  Places for the workshops are LIMITED! ↓↓

kitta

– ” Kitta creates fabrics and clothes dyed using natural Japanese techniques. Based in Okinawa, they specialise in the use of Ryukyu Indigo. This August, Kitta will visit Perth to exhibit a variety of their creations and run workshops that will show you their dyeing techniques.” –

At the workshops, you will be experiencing her world of “colour” dyeing.  It is a Japanese method of dyeing, and is truly unique and beautiful.

kitta kitta2

Colour of Wonder Facebook page

DATE: 22 – 23rd August 2015

PLACE: Pollard Designs studio (2 Otway place, Bedfordale 6112 WA)

Contact: kittaustralia@hotmail.com

<Workshop >
22-23rd August
kitta 2 days Japanese style natural plant dyeing work shop at Pollard studio (Bedfordale)
http://pollarddesigns.com/
You can choose to create a Dress, a Wrap-around Skirt, or a Bag.
The workshop will take place over two days – the first day for dyeing and the second day for sewing. (The finalcolour will depend on the materials chosen, the weather and
other factors).

(time schedule)
●22nd Saturday
10:00-Meet at Pollard Designs studio.
Bush walking to see nature color in the bush.
11:00-Start making color vat in the fire.
12:00-Japanese style Lunch
13:00-Explanation of the process of dyeing.
kitta’s slide show and Sawa’s guitar performance.
14:00-Begin dyeing
17:00-end of the first day

●23rd Sunday
10:00-Meet at Pollard Designs studio.
Beginning of hand sewing.
12:00-Japanese style Lunch
13:00-Sewing continues (if you finish early you can try
another experience of dyeing)
16:00-slide show about Japanese Ryukyu indigo
17:00-end of the work shop

(Work shop Fee)
●$300 for 2 days workshop including Japanese style lunch, materials (wrap skirt ,dress or bag ), tea and coffee.

(Things you should bring for the work shop)
●An apron and hat that is okay to get dirty

(Booking)
●All enquiries about enrolments please Email to
kittaustralia@hotmail.com

<Exhibition>

15-28th August
Kitta Exhibition at Poteau (North Fremantle)
http://www.poteauselect.com/
Kitta Exhibition opening is held on 15th August.

 

 

I’m sure you will have a beautiful experience over these two days!!!  Please note there are only 3 seats left for the workshop…  secure yours now!

 

 


NEW Place to Get Japanese Food – FUJI MART in Perth

Posted June 6th, 2015 in Japanese Stores in Perth, Perth WA | 10 Comments »

It’s been awhile since I wrote about grocery stores in Perth where you can buy Japanese products.  Nowadays most Asian grocery shops sell Japanese food, and even supermarkets such as Coles and Woolworths sell some Japanese food on the international isle.  – But they are always the same products : soy sauce, wasabi, nori sheets, mayonnaise, sauces, seasonings… some basic things only.  So for Japanese people who live in Perth and want something more “Japanese”, they’d go to Nippon Food in Subiaco where they can buy more variety of Japanese food and goods.

Now, however, there is a new Japanese grocery shop recently opened in Subiaco (same suburb as Nippon Food!)  – Fuji Mart.

IMG_6237

 

Fuji Mart is a newly opened shop which caters variety of Japanese products including food and also some home wares.  They did a big opening ceremony at the shop few weeks ago which I missed – everything in store was 20% OFF!

The shop is conveniently located on Station Street in Subiaco, just above Woolworths car park (which you’ll pay $0 for 90minutes parking).  You’ll find this store in front of the escalator from/to the car park.

IMG_6238 IMG_6239 IMG_6240

Inside the shop resemble a Japanese convenience store or supermarket.  Products are displayed neatly and everything is easy to see.  The store manager at this store has worked at Fuji Mart in Eastern State for a decade, and I can see he has some skill to display a retail shop –  WELL DONE!

IMG_6241

And, at Fuji Mart, you will find much cheaper price compared to elsewhere.  Some items are cheapest here to my knowledge!

You can also buy some “100 yen goods” here at Fuji Mart in Subiaco at $2.50.

IMG_6242 IMG_6243

I was quite amazed by the variety of goods sold here.  You can even find a kit for Japanese calligraphy, magonote (back scratcher), and takoyaki-making plate!!!

IMG_6247

 

I definitely recommend this store to anyone.  If you haven’t been here, just come!  The products are selling super fast so you may find some empty shelves, but they are ordering stocks and hopefully once the store starts rolling on track you can shop everything you need for a Japanese feast!

Fuji Mart

Shop 13-14, 29 Station Street, Subiaco WA
Tel : (08) 6162 8608

Mon-Fri 9:30 ~ 18:00
Sat 9:00 ~ 17:00
Sun 11:00 ~ 17:00
Public holidays closed

 


Japanese Tea Ceremony in Subiaco

Posted May 16th, 2015 in Perth WA | 2 Comments »

IMG_5911-1

There were Japanese tea ceremony sessions at Green Tea House in Subiaco today, and I headed there to experience my first ever cha-no-yu (tea ceremony in Japanese).

I must say it was a great experience and that 30 minutes gave me a special feeling – surrounded by Japanese instructors and people who have interests in Japan – I felt warm and was reminded what special culture and tradition my home country has.

I didn’t expect to see this many people at the session today.  Some people had to stay stand-up for the whole session.  Tea ceremony is normally carried out where people sit down, but they used chairs due to the height of counter table in the shop.

IMG_5907-1

IMG_5908

IMG_5909

It was actually my first time to come down to this shop.  There’re many beautiful Japanese tea cups, tea pots, plates, kitchenware and ornaments sold at the shop.  They are very well-made (not cheap ones like you get from Daiso) yet the prices are really reasonable.

IMG_5912

The tea ceremony started.  All the guests were focusing on the host’s movement.

Wagashi (sweet to accompany bitter green tea) was served to each guests.

IMG_5913

Tea was served.  Made one-by-one.

The wagashi was quite sweet to balance the bitterness of matcha green tea.

I’ve never had matcha green tea prepared in a proper manner like this.  I imagined the tea would be very bitter but it wasn’t that much.  As I was told by the instructor, I raised the tea bowl (to show appreciation to the host), turned the bowl half way in clockwise, then drank it.  I really liked the tea.  I was imagining, in old time in Japan, people were drinking tea like this, and tea time was very special moment.

The whole ceremony reminded me of beauty of Japan.  As soon as I got home I called my mum and asked if she still have kimono in Japan.  I will bring some kimono to Perth next time I fly there!!    Kimono is very expensive, and it’s such a waste if not worn !

 


パースでの出産 -プライベートホスピタル-

Posted July 17th, 2011 in にほんご, Ume and Baby | 2 Comments »

2012年3月4日に、パースのMurdochにあるホスピタル、St John of Godで元気な男の子を出産しました:)

私は元々プライベートホスピタルで出産を希望していたので、妊娠するかな、と思った時からプライベート保険に加入していました。パブリック病院だとメディケアがあれば無料なのに、何でわざわざプライベートに?という感じですが、私の場合はこのプライベート病院が家から近かったのと、OB(産科医)を選べるという点、また、病院は個室を選べて自分の気が済むまで滞在できるという点からプライベートを選びました。以前流産を経験しているので、今回はもっとしっかりと妊娠&出産を見守りたいと思ったのも理由にあると思います。

パブリックとプライベートの病院の違いを大まかにまとめると、下記のようになります:

パブリック(公立病院) e.g. King Edward in Subiaco

利点:

メディケアがあれば医療費がかからない

超音波はSKGで約半額自己負担

欠点:

毎回違う医師が診察(平均待ち時間2時間)ミッドワイフが診察する場合もあります

超音波や腹部計測などの妊娠中のチェックが少ない

プライベート病(私立病院) e.g. Mercy Hospital in Mount Lawley

利点:

待遇がよい(食事がおいしい、新生児を助産婦が見 てくれるため産後ゆっくり回復できる)

個室が選べる。パート ナーも滞在可。保険に寄ってですが、私の場合パートナーの滞在費も無料になりました(何日でも)

公立に比べると長期入院が可能(平均4- 6日)

担当OBを指名でき、妊娠初期から出産後まで同じ医師のお世話になる

日本同様2〜4週毎の診察で、OBのクリニックで毎回超音波検査をする

欠点:

医療費が高い(プライベート保険に加入していれば出産費は全額カバー)

何か異常があったら対応できる施設がない為、結局はKING EDWARD病院へ転院される

(参考:虹の会)

プライベート病院ではOBは選べるので、良い先生をインターネットの情報等から調べて予約します。でも人気の高い先生は予約待ちで、出産予定日に都合が合わない場合があるので、とにかく早く予約しないといけませんでした。

日本とは違い、出産当日まで内診は一度もありません。毎回の超音波検査で、写真を記念にプリントアウトしてもらってました。:)

ただ、プライベート保険に入っていてプライベート病院での出産をする場合でもお金はかかります!出産費は全額カバーされますが、それまでのOBでの検診費用は全額はカバーされません。また、他の検査費用も有料です。無痛分娩の場合の薬代なども。私の場合は結局トータルで$3000かかりました。私のOBは特別費用が高い先生だったみたいです m(_ _)m

病院はとても良かったです。ナースは親切だし、出産後のサポートもすごく助かりました。LC(ラクトスコンサルタント)の免許も持つナースも居り、授乳の仕方も徹底的に教えてもらいました。夜中にヒロが泣いて寝なかった時も、ナースが別室へ連れていって夜通し世話をしてくれるので、私もパートナーもゆっくり寝て体を休める事もできました。また、これは別に大した事では無いですが、赤ちゃん誕生の祝いとしてパートナーと一緒にキャンドルライト•ディナーを無料で受けました。といっても、病院食をレストラン風に盛りつけ、テーブルクロスを敷いたテーブルでキャンドルを点けて食事をゆっくりする、といったモノです。

私は4日間入院しましたが、パートナーも4日間ずっと一緒に滞在しました。部屋は個室でベットも大きかったので、居心地は良かったです。ただ、この病院はプライベートなので駐車場も有料で、月〜金の間は駐車料金をずっと払わなければなりませんでした。幸いにも私が出産したのは週末をはさんでいたので、そんなに高くつかず、ヒロを見に来てくれた友人達も土曜日を選んでもらったので無料でした。

出産後はPediatrician(小児科医)が部屋を訪問して様子を見に来てくれたり(有料)、OBが出産後の様子をチェックするのに見に来てくれたりしました。他に、Physiotherapyの人が来てセラピーを受けたりしました(有料)。

私の出産体験談は、こちらを読んで下さい☆

退院するタイミングは、ナースや医者から「じゃあ今日退院だね」と言われると思っていたら、何と自分で決められると言われてビックリしました。私が加入していたプライベート保険では最長3日までしかカバーされなかったので、4日目に慌てて「もう退院する」と申し出ました。それでも追加費用はキャップ式になっていて1日ごとに$100くらいだったと思います。

退院後は、ローカルのチャイルドナースが家に来てくれて様子を見たり、といった感じです。

出産に関してですが、他にも「自宅分娩」という方法もあります。

利点:

担当助産師が妊娠中から産後までケアしてくれる

家族一体となって自然なお産が経験できる

欠点:

何かあったら病院搬送までに時間がかかってしまう

自宅分娩は早期妊娠時に希望を出さないと受け付けら れない

出産後はあっと言う間に時が経つ感じで、毎日あれこれ考える事があり、体だけで無く頭も疲れますm(_ _)m 今では妊娠していた頃が懐かしく、胎動を感じて心も穏やかにノンビリできていたなあ、と思います。次はあるかな??


パースでの妊娠 Part 2

Posted November 13th, 2010 in にほんご | No Comments »

2003年から付き合い始め、2004年から一緒に住んで、2009年に結婚、そしてそれから約1年後に妊娠した、私・umeの経験話です☆

今、ちょうど妊娠4ヶ月目に入ったところです。下の情報は、Private Hospital(私立病院)で出産する私の体験によるものです。:)

(Part 1 はコチラ)

 

<栄養>

妊娠初期の頃の血液検査で、血液内に蛋白や糖分が含まれていないか、また鉄分やビタミンのレベル等を調べます。妊娠後期にも一度調べます。

私はもともとかなりの低血圧で、毎回血圧検査をする度に「very good」とコメントされます。高血圧よりもずっと安心なんだそうです。でも、妊娠中は心拍が上がったりしてただでさえ疲れ易いのに、この低血圧のおかげでいつも以上に体がダルい毎日です。特に夜は何もする気が無く、ソファでグッタリしてすぐに眠くなります。

私の最初の血液検査では鉄分が少ないと出て、GPから鉄分のサプリを数週間摂る様言われました。それとプラスして、Blackmoresの Pregnancy & Breast-Feeding Gold Pregnancy Supplementを妊娠発覚時から飲んでます。もともとサプリに頼るタイプでは無いけど、やっぱり毎日の食事だけじゃ必要な栄養素が補えないと思います。特に初期の頃は赤ちゃんの体の重要な部分が形成される時期なので。

2度目の血液検査の後、GPから直接電話があって「血液検査の結果について話したい事があるから、明日来てくれる?」と言われました。「何ーーー!?」ととてもビクビクしながらGPを訪れると、どうも私のビタミンDレベルが低いとの事。何か変な病気が発覚されたのとかじゃなくて一安心でした。カルシウムの吸収に関係するビタミンDが少ないと、将来年を取ってから骨が折れ易くなったりするらしいので、そのサプリも飲み始めました。それ以外には、太陽の陽を浴びる、脂質を摂る(バターとか)が良いそうです。

<超音波検査•一回目(11週目)>

obstetricianとの初診の際、初めて超音波で赤ちゃんを見ました。実際目で見るまでは、本当に存在するのか、もしかしたら子宮外妊娠かも、と怪しい想像が色々と頭の中をグルグルしてました。が、obstetricianが私のお腹を器具で当てると、画面には袋に入ってる赤ちゃんがハッキリと私にもわかりました。

「Everything looks normal」というobstetricianの言葉を聞いて、ホッと安心しました。

6cmくらいの赤ちゃんは子宮の中で仰向きに寝ていて、片足を上に向かって何度も蹴り上げてました。心臓の鼓動もちゃんと確認できました。obstetricianが私のお腹をググッと押すと、中の赤ちゃんが子宮の中でジャンプしたり…。すごい、動いてるんだー、とビックリ&感動しました。

生命の神秘ってスゴいなあ、と、この時初めて思いました。この動いてる心臓も足も、私達が作り上げたんだと思うと、本当に不思議。

この次の週に、SKGという超音波検査をする施設にて二度目の超音波検査をしました。これは、ダウン症を調べるものです(nuchal scan)。

<超音波検査•三回目(16週目)>

obstetricianとの二度目の診察時。この時に、nuchal scanと血液検査からの、ダウン症に対してのリスクがあるか無いかを知らされました。

行く前にはかなり緊張しました。まず、ダウン症だったらどうしよう、という不安。あと、一ヶ月前に見たあの赤ん坊がまだちゃんと生きてるのか、という不安です。なんせ、自分では何も感じないし姿形も見えないから。胎動を感じる事ができるまでは、超音波検査だけが赤ちゃんの存在を確認できる唯一の手段。最初の妊娠時みたいに出血は無かったので、頭では「大丈夫」って思ってても、やっぱり不安でした。

obstetricianの所に行くと、通常通り体重測定と血圧検査。私が待ちきれずに「nuchal scanと血液検査の結果はもう出ました?」と聞くと、「ああ、出たよ。Low Riskだよ」とあっさり。

その後ササッと超音波で赤ちゃんを確認。前回よりも確実に大きくなってる!綺麗な脊髄、両手足の骨、心臓の鼓動を確認。また、性別も教えてもらいました。

子宮から赤ちゃんが消えてたらどうしよう、とか、色々変な想像で勝手に不安になってたけど、先生は「ノーマルすぎて面白くないなぁ」というくらい順調だそう。診察も15分で終わり、あっけにとられながらもそのままお金を払って帰宅しました。

<食欲、お腹>

食欲は確実に増えてます。例えば、夕飯にカレーを3杯もおかわりしたのに、夜11時頃にお腹が減って我慢できなくてチキンヌードルスープを食べたり…。お腹も出てきたけど、私が見る限りではただの脂肪のよう。。。


パースでの妊娠 Part 1

Posted October 3rd, 2010 in にほんご | No Comments »

2003年から付き合い始め、2004年から一緒に住んで、2009年に結婚、そしてそれから約1年後に妊娠した、私・umeの経験話です☆

今、ちょうど妊娠4ヶ月目に入ったところです。下の情報は、Private Hospital(私立病院)で出産する私の体験によるものです。:)

まず、以前にも書いた事がありましたが(”パースでのウェディング”)、私は子供の頃から全く結婚願望というものがありませんでした。それは赤ちゃんに対しても同じで、「赤ちゃんが欲しい」とか「早くママになりたい」とは特に思ってなかったんです。

でも、実は2009年に結婚したその直後に妊娠が発覚しました。当時の私は精神的に不安定というか、ストレスをとても感じていた時期でした。自分の人生に対してとか、お金の問題とか…。そして、その妊娠が発覚してから間もなくして、流産をしたのです。

本当にあっという間の出来事で、頭で理解するのに時間がかかったし、とても辛かった。赤ちゃんが欲しいと切望していた訳ではないけど、その出来事がトラウマになり、これから妊娠できるのか、と少し妊娠に対して執着するようになりました。他の悩みも重なったりして、少し心に余裕の無い数ヶ月でした。

その後、悩みに悩んだあげく、人生で一番大切なモノは何か、自分の人生をどう生きたいか、自分なりに答えが出ました。それからは本当に気が楽になり、ストレスもあまり感じなくなりました。

そして!特にプランしていたワケでは無いのですが、2度目の妊娠が発覚したんです☆

<Public Hospital かPrivate Hospital>

Private Insuranceに入っていない人でも、MedicareからのサポートでPublic Hospitalにて無料で出産する事ができます。(自然分泌の場合)

私はPrivate Insuranceに入ってたので、Private Hospitalでの出産を決めていました。

 

<妊娠が発覚してから>

まず生理が遅れてて、生理予定日の一週間後くらいに自分で妊娠検査薬で検査をしました。陽性でした。その後旦那に報告して、GPに診察の予約を入れました。

こちらでは、obstetrician (産科医)に会うにはGPからの紹介状が要るのです。

妊娠関係の診察(産むまで)は、全てobstetricianにて行うので、GPからobstetricianを紹介してもらった後はほとんどGPのお世話になる事はありません。(GPにも私の血液検査や超音波検査の結果が送られたりしますが)

何らかの理由でGPを何度か訪れる場合もあります。GPに行くと、尿検査、体重測定、血圧検査を毎回行います。また、GPから『pregnancy book』という小さな本をもらいます。(日本でいう母子手帳のようなモノです)

obstetricianの所では、血圧検査、体重測定、そして超音波検査(画像で赤ちゃんを確認)を毎回行います。

<超音波検査、血液検査>

超音波検査、血液検査は決まった時期に行うと決められています。ちょっと詳しくは覚えていないのですが、

  • 10〜14週の間: dating scan(出産予定日を確定する為の超音波検査)
  • 12週目:    nuchal scan(ダウン症の確率を検査する超音波検査。同時期に行う血液検査の結果と照らし合わせて、ダウン症の確率を割り出します)この時3Dの赤ちゃんの画像も見せてもらえました。写真を全部DVDに入れて貰えました。
a
は、皆同じようです。超音波検査、血液検査はそれぞれ違う施設にて行うので、GPもしくはobstetricianから予約の紹介状を書いてもらい、自分でそれぞれの検査の予約をします。検査の当日は、検査結果をobstetrician、そしてGPに送ってもらうように頼みます。

<obstetrician>

obstetricianへは、毎月一回(4週間ごと)通います。行く度に、血圧検査、体重測定、そして超音波検査をして赤ちゃんの様子をスクリーンで見ます。写真はプリントしてもらえます。妊娠後期になると、obstetricianへ行く頻度が多くなります。

Private insuranceで出産費用はカバーされますが、それ以外の費用(毎月の診察費など)はPrivate insuranceではカバーされません。Medicareで少々お金は帰ってきますが、出産までの40週間で、だいたい合計$3000.00を”out of pocket”として自分で支払います。

妊娠16週目頃に、希望のPrivate Hospitalへ”Maternity Admission Information Form”を郵送します。その後ホスピタルから、院内のツアー予約についての情報等が送られてきます。出産予定日の部屋の予約もします。

ああ


Japanese Language is … Difficult!

Posted July 30th, 2010 in Ume's Interests | 2 Comments »

Yes, I am Japanese and I speak Japanese.  But, Japanese language is very unique, and the people in different area have different accent and sometimes speak different words.  The standard Japanese that you may know is the formal Japanese language and most of the people around Tokyo speak this language.  

I’m from Western side of Japan and I speak Kansai language.  The basic words are the same as the standard Japanese, but people can tell I’m from Western side by listening me talk.  
As a Kansai person, I feel that it’s much easier for Tokyo people (the people who speak the standard Japanese) to speak polite Japanese.  The polite Japanese is very similar to the standard Japanese language.
aa 
Why I’m writing this is because I recently received a complain at work that my Japanese is not good.  They said what I said sounded very rude :p
aa
Some people say Kansai language sounds “rude” “casual” and “offensive” :p  (It’s the stereo type, as almost all yakuza speak Kansai language)  but, this recalled my another experience that I had few years ago.
aa
I went back to Japan for about 6 months after graduating the school here, and I worked in a hotel near my house.  As you know, Japan’s society is very strict.  I had to speak politely to everyone including coworkers.  One day, I did something wrong and I wanted to apologize.  I said “Gomen-nasai”.  Then, the boss got even angrier and told me 「”Gomen-nasai”?  You shouldn’t use the word “Gomen-nasai”, you should be saying “Sumimasen-deshita”!」
aa
“Gomen-nasai” and “Sumimasen”  both means “sorry”, and I didn’t understand the difference and why the boss was so angry.  According to him, Gomen-nasai sounds more casual than “Sumimasen”…
aa
I’m not good at polite speech anyway.  Hmm…  Japanese language can be very complicated sometimes..
aa
aa

Ume’s 一日カフェ 〜Part 4〜

Posted June 8th, 2010 in UME's 一日カフェ | No Comments »

Ume’s 一日カフェ4回目のお客さんは、パースに住んで8年目のMichiko さんです。

ミニサイズのクッキーを焼きました♪

名前:Michiko さん

出身地:東京都

現在のvisa:PR(永住権)

   ……………………………

Q: パースに来られたのはいつ頃ですか?

A: 2002年の10月です。

   ……………………………

Q: パースに来られたきっかけは?

A: 実は、1998年にパースに来た事があるんです。それは私と主人のハネムーンだったんですけど、その時にパースという街がとても気に入ってしまい、東京に帰ってからも忘れられずに居ました。旦那も私と同じくパースを気に入って、いつか住みたいねと言っていました。

それから一番上の娘が生まれ、その1年後にスーツケーツ3つだけ持って家族3人パースにやって来たんです。

   ……………………………

Q: 何かすごいですね!その、家族3人で渡豪された時は、何のビザで来られたんですか?

A: 私が Student Visa を取得しており、旦那と娘はそれに乗っかる感じで。

   ……………………………

Q: 失礼ですけど、生活費とか仕事とかといった不安はなかったんですか?

A: ありました!でも、どうにかなるだろうと思ってました(笑)。

私はパースに来てすぐ語学学校に通い始めて、旦那は旦那でレジュメを持って色んな会社に手渡しで歩き回ってました。とにかく仕事を見つけようという事で。

   ……………………………

Q: スゴい!パースに来てすぐ歩いてレジュメ配るなんて…旦那さまは英語達者だったんですね!

A: いえ(笑)。でもやる気と特技は誰よりもありました!日本でも車関係の会社で働いていて、3年間BMWでメカニックをしていたし、その後もトラック会社で数年働いてました。だから、パースに来てレジュメを配った場所も車関係の会社で、片言の英語でレジュメを見せて「働かせください!」と尋ねて回ったみたいです。

   ……………………………

Q: それで、お仕事は見つかったんですか?

A:  はい。有り難い事にコチラのトヨタのディーラーで仕事をもらい、今でも働いています。

  ……………………………

Q: Michiko さんは、語学学校の後は何をされたんですか?

A: 語学学校を卒業した後はBakery のコースに通いました。その後は数年くらいパースのベーカリーでパンを焼いてました。^^ 

二人目の子供も産まれたので、暫くは仕事を休んだりしてましたが、また同じベーカリーに戻ってパートタイムで働いていました。

  ……………………………

Q: 今でもそのベーカリーで?

A: いえ。今は、また学校に通っています。

日本でも保育士をしていて子供が好きなので、教育関係の勉強をしています。

  ……………………………

Q: パースの好きなトコロはどこですか?

A: ズバリ、何も無いというトコロです。この何も無さ、スローライフ。5時過ぎてどの店も閉まっちゃうなんて、今時すごいですよね^^

東京とは大違いです。

  ……………………………

Q: パースと日本、どちらが好きですか?

A: 住むならパースです。環境はすごく良いと思う。大人にも子供にも。

でも、日本も大好きです。家族も居るし、食べ物もすごく美味しいし。:)

  ……………………………

 

   

ありがとうございました!(^^)


Ume’s 一日カフェ 〜Part 3〜

Posted May 16th, 2010 in にほんご, UME's 一日カフェ | No Comments »

パースに住んでいる日本人の方を紹介しているコーナーです。今回は、パース在住暦7年の大吉さんです。

カップケーキ w クリームチーズのアイシングをお届けしました☆

6ヶ月になるbabyとのツーショットです:)(写真が暗いですが…)

名前:大吉(匿名)

出身地:京都府

現在のvisa:PR(永住権)

Q:パースに来られたのはいつ頃ですか?

A:2003年の末頃です。

Q:パースに来られたきっかけは?

A: 英語の勉強と、Aged Care の勉強をするためです。Student visa で渡豪しました。英語学校には約10ヶ月ほど通い、その後は結局 Nursing のコースを取り、大学を卒業しました。

Q:日本でもAged Care やNursing関係のお仕事を?

A:いえ、日本では違う仕事をしていました。

Q:今は何をしておられますか?

A: オーストラリアでの看護士の国家資格 (Registered Nurse) を取得し、今はパース内のプライベートホスピタルでナースをしています。それで永住権も取りました。去年出産をしたので、今はmaternity leave 中ですケド。

Q:パースで暮らしてきた中で印象に残る想い出は?

A: 勉強…!ですね。特に大学で、看護の具体的な内容を専門用語+英語で学び、宿題も多くあり、とにかく本当に毎日勉強勉強でした。それが5年くらい続きました。なので、大学のホリデー中はギリギリまで日本に帰って、実家でノンビリしていました。

Q:パースのどこが好きですか?

A: 青い空。キレイな海。ゆっくり、のんびりした時間。

Q:休日は何をしておられますか?

A:出産前は、ナースの仕事は定時勤務ではないので、旦那と休みが合う時は二人でブラブラとフリーマントルやショッピングモールに出かけたりしてました。旦那が仕事の時は家でノンビリですね。出産後は、毎日赤ちゃんの世話を頑張ってます。

Q:日本が良いか、パースが良いか?

A:住む事だけを考えたら、どっちもどっちですね。日本は便利だし、家族も居るし。パースは、ノンビリしていますし。

Q:これからの目標はありますか?

A:来年からは仕事に復帰する予定です。家庭と仕事の両立を目指して頑張りたいと思っています。

Q:これからパースに来る人に何か一言言うとしたら?

A:パースは勉強に励むには良い場所だと思います。気をとられるモノが周囲にあまり無いので。本気で勉強したい人にはオススメですね。

ありがとうございました!(^^)