Ume’s 一日カフェ 〜Part 2〜

Posted May 1st, 2010 in にほんご, UME's 一日カフェ | No Comments »

オーストラリアのパースで生活をしている日本人の方達を紹介しています。

今回の方は、夢だったパースでの生活を苦労して自分の力で実現にした、力強い女性、Lucia さんです。そんなLucia さんには、焼きたてベーグル&アーモンドケーキとコーヒーでお迎えしてお話を伺いました。

  

  

 

名前:Lucia(匿名)

出身地:東京都

現在のvisa:PR(永住権)

 

Q:パースに来られたのはいつ頃ですか?

A:2004年の1月です。

 

Q:パースに来られたきっかけは?

A:それまでにも何回かパースに旅行に来た事がありました。他の都市もまわったけど、やっぱりノンビリとしたこのパースという街が気にって、いつかこんな街に住みたいなあと思うようになったんです。それで、永住するのを目的に、2004年にパースへ。

 

Q:永住するのを目的にパースへ来られたとの事ですが、どのように計画を?

A:最初は学生ビザで学校に通い、その後ワークエクスペリエンスをして、スキルビザで永住権を取得しました。仕事と学校の両立は大変だったけど、永住権が取れて、夢だったパースで生活をする事ができ、とても嬉しかったです。

 

Q:今は何をしておられますか?

A: Asset Maintenance /クリーニング関係の仕事をしています。 

 

Q:パースのどこが好きですか?

A: カラッとした気候。ドライな空気が好きですね。ドライな夏の日に海に行って遊ぶのがとても気持いいです。あと、このドライな気候のおかげで喘息が治りました。 

 

Q:パースで生活する中で、思う事は?

A:やっぱりここで生活できて良かったっていう事。毎日感謝の気持ちを忘れずに頑張っています。あと、友人にとても恵まれ、周りの人達のお世話になったり仲良くしたりと、楽しく過ごしています。

 

Q:パースについてどう思いますか?

A:平和な場所。スローライフ。

 

Q:パースでの好きなスポットはどこですか?

A:フリーマントルです。休日なんかはパートナーと一緒にカプチーノ通りや港の辺りをブラブラしています。パースは天気が良い日が多いので、とても気持いいです。

 

Q:日本が良いか、パースが良いか?

A:住むならパースですね。日本は、ホリデーとして行くなら好きです。

 

Q:パースにあって日本に無いモノは?

A:う〜ん。。。日本は何でもあるので…。敢えて言うなら、広い土地と穏やかさかな?

 

Q:これからの目標はありますか?

A:これからもずっとパースに住む。いっぱい働く。いっぱい遊ぶ。嫌な事があったり忙しすぎたりして、時々いっぱいいっぱいになっちゃう事もあるけど、でもそういった状況下でも周囲から色んな事を学んで前向きに暮らしていきたいです。

 

Q:これからパースに来る人に何か一言言うとしたら?

A:パースで売っている物は、値段が割に合ってない事が多いです。だから、その値段を鵜呑みにするよりも自分自身の価値感や感覚をモトに買い物はして下さい。

  

ありがとうございました!(^^)


Ume’s 一日カフェ 〜Part 1〜

Posted April 25th, 2010 in にほんご, UME's 一日カフェ | No Comments »

これから、オーストラリアのパースで生活をしている日本人の方達の紹介をしていきたいと思います。これからパースに行く人、パースに興味のある人などの何かの役に立てればなあ…という思いつきなんですが、ただ単に「ああ、こういう人もいるんだなあ」と人間観察のように読んで下さっても結構です^^)

Ume’s 一日カフェでは、Umeがその方たちを料理でもてなすついでにその方たちからパースでの生活についてや情報をインタビューしていくものです。

それでは、記念すべき第一回目は、パース在住8年目のAoiさんです。今回は和食でAoiさんをお迎えしました(^0^)/

 

 

 

 

名前:Aoi(匿名)

出身地:福井県

現在のvisa:PR(永住権)

 

Q:パースに来られたのはいつ頃ですか?

A:2002年の6月頃です。

 

Q:オーストラリアの中でパースを選んだきっかけは?

A:最初は英語の勉強をしようと思ってオーストラリア行きを決めたんですが、その勉強の後は旅行にも周りたかった。もし最初にシドニーやメルボルンに行ってしまうと、メルボルン、シドニー、キャンベラ、ゴールドコースト等だいたいの都市が周囲にあるので旅行し易い反面、離れた場所にあるパースには行きにくいかな、と思って。もし最初にパースに行ってしまえば、その後東海岸に飛んで、後は色んな都市を旅行しやすいかなと思ってパースに決めました。

 

Q:では、パースで勉強をした後は旅行へ?

A:はい。パースを出てアデレード、メルボルン、シドニー、ゴールドコースト、ブリスベン、そしてケアンズへ行きました。その後はメルボルンに戻り、そこで少し生活をしていました。

 

Q:オーストラリア中を回られたようですが、その中で一番好きな場所はどこですか?

A:ケアンズです。あの蒸し蒸しした気候と海が好きでした。自分が生まれた場所も海に近かったので。。。

 

Q:パースに住むようになったきっかけは?

A:…パートナーがパースで住む事になったので、私も一緒について来ました。あと、生活費とかが安いという面でも。

 

Q:今は何をしておられますか?

A:パース市内の、あるお店で、事務職(Admin)兼PA(秘書)を務めています。

 

Q:パースについてどう思いますか?

A:ネガティブな面は、日本やEast side に比べて、遅れている。ポジティブな面は、天気が良いのと、のどかなトコロ。

 

Q:パースでの好きなスポットはどこですか?

A:スカボロビーチです。のんびりできますね!

 

Q:日本が良いか、パースが良いか?

A:パース。

 

Q:パースにあって日本に無いモノは?

A:とにかく、のんびりした生活ですね。日本に帰りたいと思うけど、日本でのあの慌ただしくて縛られたような生活には戻りたくないですね。

 

Q:これからの目標はありますか?

A:これからもパースに住んで、さらにキャリアupしたいですね。

 

Q:これからパースに来る人に何か一言言うとしたら?

A:日本では味わえない、のんびりと過ぎる時間と青い空、大自然と強い太陽の日射しを楽しんで下さい!

  

ありがとうございました!(^^)

  

   


パースでのウェディング

Posted November 14th, 2009 in にほんご | 4 Comments »

2003年から付き合い始め、2004年から一緒に住んで、2009年に結婚した、私・umeの経験話です☆

彼はカトリック教徒なので、教会での式は必須。私は特に結婚希望が無い人間だったので、式に関しては全然こだわりはありませんでした。入籍届け出すだけでも良かったし、とにかく結婚という事に関してお金はあんまりかけたくなかった☆それにお金かけるくらいなら、ハネムーンとかでお金かけたいと思ってました。だから、教会で式をするにしても、ドレスなんか着なくても白い色のTシャツか何かでも全然オッケーだと思ってました(^^;)

私の両親も私と同じで、特に大げさイベントとは思ってなかったよう。(私も含め、私の家族はちょっと変わってる??)ところが、旦那の両親は全くの正反対!!!教会には大きな花で飾りつけ、ドレスは必須、リムジンで送り迎え、式の後はホテルに宿泊、etc…と、私達に色々と要求してきました(*0*)一番末っ子の結婚式という事で、とっても張り切っていたんでしょう。という事で、私としては少し頭の痛い、結婚の計画を立てる事となりました…。

ウェディングコーディネーターは利用せず、とにかく最低料金で済むように計画しました。

<司祭>

旦那のお姉さんの結婚式の時にcelebrant をした、priestに頼む事に。私達と同じくらいの年齢の、若いpriestです。私達の式をお願いしに会いに行き、快く了承してくれました。式の本番まで数ヶ月あったので、それまで5回ほど私達はそのpriestに会いに行き色んな話や勉強をしてもらいました。全然堅苦しくない、明るいpriestさんです。:)

そのうちの1回はグループでの話し合いで、私達の他に3カップル同席しての話し合いもしたりしました。私達と同じようにこれから結婚する他のカップルの話が聞けて勉強になったし、色々と違う立場からの視点で物事を知ったりして良い経験になりました。

私はカトリックではないし、これからなるつもりも無いと伝えても、「それは個人の自由だし、全然構わない。日本の伝統であるお宮参りや七五三等もどんどんして下さい」と言うpriest。本当の宗教とは何かという事を彼から色々学ぶ事ができました。

カトリックの式を挙げるにして、私達は”together forever”という、政府が行うコースを受けなければなりませんでした。パースでは結婚する人がかなり多いのか、そのコースの予約は数週間前にしなければならず、すぐに人数がいっぱいで予約締め切りになったりしてました。私達は1日で終わらせたかったので、土曜の朝9時から夕方4時までのコースを受けました。他の16カップルとグループになって色々話し合ったりして、ちょっと疲れたけど、内容的にはすんごい勉強に!!カトリックというだけではなくて、「喧嘩した時の対処策」等々、私達の人生にもプラスになる内容がぎっしりで、このコースはこれから結婚する皆が受けるべきだと思いました。友達にも勧めてます(^^)

<教会>

家の近所の教会で式をする事にしました。この教会は旦那が毎週ミサに来ている教会ではないので、手数料として数百ドル程お金を支払わなければいけませんでした。

<宿泊>

旦那のお姉さんが当時ヒルトングループで働いていたので、パースのヒルトンホテルに宿泊しました。私は式の前夜から、旦那は式の夜からの3日ステイです。一人でドレスを着る事ができなかったので、式の日の朝に友達に部屋まで来てもらい、手伝ってもらいました。ドレスのままエレベーターで1階まで降りてロビーで待つのはちょっと恥ずかしかったですが、会う人会う人が「おめでとう」と言ってくれて嬉しかったです。

<ドレス>

ドレスにお金かけたくなかったのですが、レンタルできるお店がパースには1,2店しか無く、自分に合うサイズを探すのが難しいのと,レンタルでも数百ドルしたので、結局は友人が働いていたウェディングドレスのお店でオフラック(カスタムメイドでは無くて既製品のドレス)のドレスを購入ました。ディスカウントしてもらい、900ドルくらいでした。ベールも無料でもらいました。

<新郎のドレス>

Myerのセール時にスーツを購入。安くつきました。

<アクセサリー、靴>

イヤリングは、ジュエリー作りをしている友達が手作りしてくれました。ネックレスはしないつもりだったけど、式の2日前に急に真珠のネックレスを買ってくれると言いだしたので買ってもらいました。靴は、パースではなかなか良いのが無くて、日本から買ってこればと後悔。仕方ないので適当なシルバー系のミュールを適当な値段で購入しました。

<メイク&ヘアー>

私は自分ではあまりメイクのやり方がわからないので、結婚式の日くらいは、とプロに頼む事にしました。インターネットで探し、サイトに載ってる作品集がいい感じだったスタイリストに決定。値段も手頃でした。当日はホテルの部屋まで来てもらい、メイクとヘアーをしてもらいました。

<ウェディングリング>

私のリングは、パースでは値段が高いので、何と当時ドバイに住んでいた旦那のお姉さんに買ってきてもらいました。私の指のサイズを測った紙をお姉さんにスキャンして送ったり、お姉さんと何回もやり取りをして、パースまで送ってもらいました。旦那のリングは二人でパースで購入しました。

<ブーケ&コサージュ>

パースは花が高い!花ってこんなに値がはるのかとビックリしました。探しに探して、結局はウェディングをメインとする花屋さんで購入。他と比べると結構安かったです。ブーケは白とベイビーピンクとグリーンをあしらった物で、コサージュは旦那のお母さんに1個、ボタンホールは旦那と旦那のお父さんに1個ずつ。それと教会に置くミディアムサイズのアレンジメントも全て込みで400ドルくらいでした。式の朝に旦那のお姉さんがピックアップしてくれました。

<車>

これは私的には本当に必要無かったのですが、またまた旦那の両親の希望から、リムジンをレンタルするよう言われました(*_*)お金が勿体ないと思いましたが、まあ一生に一度だし、と色々インターネットで調べてみる事に。すると、値段が高い事にビックリ!4時間レンタルで2000ドル、中には5000ドルの会社も☆こんなにお金出せない、勿体無い!と、自分の車にリボンか何かをつけて使用したいと主張。でも、「もっと安い会社があるはず」みたいな事を言われ、さらに検索…。で、結局いい感じのレトロな白いリムジンを安くレンタル(運転手付き)している会社を発見。4時間で400ドルだったかな?時間かけて探した甲斐がありました。

<カメラマン>

これも探すのが大変!まず、結婚式の日にスケジュールが空いているカメラマンを見つける必要があったので、カメラマン探しは一番最初に行いました。すぐに予約いっぱいになると聞いたので。これもサイトで探し、何人かに会いに行って見積もりを出してもらいました。ほとんどが2000ドルくらいだったのですが、これも私にとっては高過ぎたので却下。その後イーストパースにある所を見つけ、会いに行ってみると4時間の写真撮影(教会と、希望のロケーションでの写真撮影)+式の前の予行撮影(1時間)+全ての写真を収録したDVD(予行撮影の分の写真も)+1枚の大きいサイズのプリント込みで400ドルとの事。人柄も良いイタリア系のオージーのおじさんで、この人に任せる事にしました。また、日本の家族や友人にもすぐ見てもらえる様ウェブサイト上でも私達のウェディング写真集を作ってもらいました。(無料)色々と無理なお願いをしても快く聞いてくれたので、本当に感謝しています。

<ビデオ撮影>

旦那の義理のお兄さんに頼みました。後で観てみたら、手振れがスゴくて観れたモノじゃなかったけど、でも良い想い出です。

<ミュージック>

ミュージックこそはお金をかけたくなかったので、CDを教会でかける事にしました。進行する時と、婚姻届けにサインする時と、退却する時の3種類の音楽を旦那と二人で選びました。式当日、なんと教会のCDプレイヤーが壊れていて調子が悪く、やっと直ったと思ったら、CDをかけてくれるよう頼んでた旦那の親戚がタイミングを何回も見逃して、メチャメチャになりました。でもまあ音楽は別に重用視してなかったから大丈夫です:)

<披露宴>

私達は披露宴はしないつもりだったのですが、旦那の両親の強い希望から、インドネシア(彼の祖国)のジャカルタでパーティをする事になりました。また、パースでの教会の式には私の家族は来れなかったので、式の後に私達と旦那の家族が日本へ行き、私の家族との対面をしました。という事で、パース、日本、ジャカルタと3国でのイベントをする結果に…。

<招待状&ウェディングギフト>

これは旦那の両親がジャカルタから全て準備して持ってきてくれました。ジャカルタだともの凄く安いみたいです。ギフトは、私達の名前と式の日付入りのユニークな形をした塩コショウ入れです。


RSPCA イベント -South Perth-

Posted April 7th, 2009 in にほんご | No Comments »

Million Paws Walk 2009というRSPCAの基金支援の為のイベントが、来たる5月17日(日)にSouth Perthで行われます!

これはオーストラリア全ての州(ACT, NSW, NT, QLD, SA, TAS, VIC, WA) にて同日に一斉に行われます。WA州では去年は13, 000人もの人がこのイベントに参加してくれました。RSPCAは今年は15,000人の協力を目指しています。

このイベントの主な内容は、その名前の通り”歩く”事。ペットを飼われている方はもちろん、そうでない方でもたくさんのワンちゃん達に囲まれて楽しい1日を過ごして下さい。

イベント当日は、ライブエンターテインメント、アニマル達による芸などのデモンストレーション、色んな食べ物の屋台やセレブのゲスト達をはじめとし、ワンちゃんを洗ったりするアクティビティ等も行われます。

また、このイベントに事前に登録しておくと、新車Hyundai i30 SXが当たる可能性もアリです☆

日時:2009年5月17日(日)

場所:Sir James Mitchell Park – South Perth 

イベントに関する詳細はコチラからどうぞ!

*ボランティアも募集しています!興味ある方はご連絡下さい☆


サンドイッチでピクニック

Posted February 28th, 2009 in にほんご | 2 Comments »

月曜がLabour Dayなんで今日から3連休!明日から3月、早いなあ(>_<)日本ではもう春の兆しが見え始めてる時期で、ひな祭りの歌とかあちこちで流れてそう。こっちはこれからだんだんと秋に突入して、雨の季節である冬が始るよ。…って、まだ暫くは暑い日があるかもしれないケド。

3連休で良い天気なんで、ピクニックにでも行こうとサンドイッチを作り始めました。でも冷蔵庫にはあまり材料がナイ…☆今は車が無いから買い出しし行けないし、(まあサンドイッチの材料買うだけに車運転するのも面倒だけど)だから唯一あった卵を使ってカリーエッグサンドイッチを作りました♪

カリーエッグサンドイッチ(curried egg sandwich) って日本で見た事無かったけど、コッチじゃ普通に家庭で食べられてる一般的なサンドイッチ。何もスペシャルなモノじゃ無いんだけど、前に働いてたホテルのルームサービスでこのサンドイッチのオーダーもらって、私はこのサンドイッチの存在を初めて知りました(汗)実は最初はあんまり美味しそうじゃなかったこのサンドイッチ☆でも今では時々家で作って食べてます。

作り方は簡単!作り方載せるほどじゃないかもしれないケド一応☆☆☆潰したゆで卵にカレー粉とマヨネーズを混ぜて塩こしょうするだけ。レタスも一緒にサンドしてちょびっとだけでも野菜を摂取してマス。

あ、ゆで卵をスクランブルエッグに変えるのもオススメ♪卵にミルクかクリームを混ぜてスクランブルエッグを作る時、 well done になるまで火を通さずにちょっと半熟状態でストップ。しっとり仕上がるんでパンに挟んでもポロポロ落ちずに食べ易いです。カレー粉の他にマスタードとかアボカド、マヨやチャツネ etc をサンドしてもgood☆卵大好きな私はコレだけで充分なランチです(^^)v


明けましておめでとうございます!

Posted January 6th, 2009 in にほんご | 2 Comments »

今回日本に約3週間帰る事ができ、5年ぶりの日本の冬を満喫する事ができました!日本のクリスマス、大晦日、お正月、雪だるま作り、初詣で…。やりたかった事が全部できて、もう大満足です(>v<)家族との時間もたっぷりとれたし、本当に良い休暇になったと思いマス☆

空港に着いたその足で奈良まで出向き、そこでたまたま行われていた平城京祭を見る事ができました。あの大仏様の大きさにはやっぱり意表を突かれます☆その他、京都の祇園や河原町辺りを散策、大阪梅田でウィンドウショッピング,地元長浜にある黒壁や大通寺(豊臣秀吉!)、彦根城、福井県敦賀の魚市場などを周りました。クリスマスには家族でクリスマスケーキを一緒にコタツで食べ、大晦日にはこれまたコタツで年越しソバを食べました(^^)雪が降ってくれた事が一番嬉しかった〜♪雪大好きッ子です(>v<)冬生まれなんで…。

今回時間を合わせて会ってくれた人達、ありがとう♪年末だったという事もあり、会えなかった友達も何人か居たけど、でも次回は是非会いましょうッ(^-^)

それにしてもやっぱり日本は素晴らしい!食べ物の美味しさ、季節の美しさ、便利さ…また近いうちに帰りたい!(^-^*)

その時はまたどうぞ宜しくお願いします♪


魔法のハーブ☆BRAHMI ~ブラミィ~

Posted December 7th, 2008 in にほんご | No Comments »

brahmi2

なんか最近記憶力が落ちてきたなぁってよく思うんだけど、これって歳のせい?って思ったりして…。たぶんパースに来てから食べるモノとかが変わったし、それが原因になってると思う☆日本に居た頃は魚を結構頻繁に食べてたけど、でもこっちじゃあんまり食べないのよ。日本と比べて美味しくないし、しかも脳に良いって言われてる青魚自体手に入りにくいしね(≥m≤)

それでも日々自分の記憶力の低下をヒシヒシと感じ、これはヤバいと焦ってきてできるだけ魚を食べるようにしてるんだけど、やっぱり続けられない☆☆値段も高い(>o<)私あんまりサプリメントとか飲まないんだけど、こりゃあそんな事言ってる場合じゃないって思いドラッグストアでフィッシュオイルとか色々見て回ったりしてたんだよね。

でもそんな時、素晴らしいハーブの存在を知ったの!その名も、BRAHMI -ブラミィ(ºuº•)ノ

インドでは過去3000年間も薬として使用されている、伝統的なハーブ。その効能がすごいのよ!咳、喘息、アレルギー、リュウマチから始まり、発熱や消化器官の治療、ヘアーロス(抜け毛)、うつ病、動悸息切れ、便秘、ストレス…書き出したらキリがないっ(>d<)そして何とも注目したいのが、神経や脳への強壮剤のような役目も果たしてるって事☆記録によると、ある学校では生徒達の脳の成長や自信付け、また集中力や記憶力の増加を目的として使用されているとか!すごい〜(@ロ@)

しかも髪や肌、爪の成長をも促すらしいから、こりゃあ女の子として試さないワケにはいかないっ(>µ<)oo…って、本来の目的は記憶力アップなんだけどね☆って事で、近所のガーデニングショップで早速BRAHMIを購入してきましたっ↑↑↑

見た目は真ん丸い葉っぱをいっぱい付け、普通にこのまま飾っておいても可愛いって感じのハーブ♪買った当初はポットの表面を覆い尽くす感じだったのに、その数日後には写真のようにどんどん成長(º~º)¬

摂取の仕方は様々で、ティーに浮かべて飲んだり、サンドイッチの中に忍ばせて食べたり、またケーキ等の飾りとしても可愛いよね。一日3〜4g、毎日食べ続ける事が大事との事☆摂取のアイデアはこちら

実際このBRAHMIはテレビなんかでも取り上げられたらしく、記憶力が伸びたっていう報告も次々と医学会に入ってきてるって言うから驚き(@o@#)有名な話は、あるラグビーの選手の実話↓↓↓

深刻な神経障害に遭い、14回もの手術と7ヶ月間のリハビリを終えても一向に記憶障害は治らず、歩く事も話す事もできなかった彼。どうにかして彼を救いたいと願う家族はその治療方法を探し求め、 CDRI (the Central Drug Research of India) に辿り着いたの。記憶力向上の実録があるけれど、記憶障害、脳障害への治療については全く実績が無かったBRAHMI。それでも彼の家族はすがるようにBRAHMIを毎日彼に煎じて飲ませ続けました。そして、何と驚く事に、彼の記憶能力が徐々に回復!!そして今では普通の生活を送っているとの事(˚∆˚)

結局、この奇跡のハーブBRAHMIは精神的機能の向上に非常に効果があるとまとめられました。それにしても、このハーブについての効能を見ていると素晴らしいとしか言いようが無い!精神統一、ストレスの除去、集中力アップ、脳の活性化、そして肌や髪の成長促進を目的に、私もこれからこの魔法のハーブを毎日飲み続けま〜す(≥v≤)/


Tim Tam☆

Posted December 2nd, 2008 in にほんご | No Comments »
オーストラリアのお菓子といって一番に思いつくのがコレ、Tim Tam。期間限定のフレーバーが時々お店に並んだり、色んなバラエティ−を楽しむ事ができるんだけど、皆のお気に入りはどれかな??

 

この他にも『Breast Cancer Aotearoa Coalition(乳がん協会?)』コラボのピンクTim Tamや、期間限定で売ってたチリフレーバー(唐辛子)のTim Tam,その他クランチィタイプのTim Tam等等、常に色んなフレーバーが登場してます★

個人的にあのチリフレーバーはちょっと衝撃だったんだけど…皆は何味がお気に入りかな??(^^;)¬


わがまま in フリーマントル

Posted December 2nd, 2008 in にほんご | No Comments »

ebi-kare-ramen-laksa-like

このWagamamaっていうレストラン、パースにはSubiaco に1店あるんだけど、最近Fremantleにもオープンしたのよ(^0^)面白い名前ッ♪

このお店、名前からもわかるようにジャパニーズレストランなんだけど、でもメニューは何故か東南アジア系☆日本食のメニューをアジア風にアレンジしたって感じかな?だから、このお店のターゲットは日本人では無くて外人さん向けの模様…。

今回私がこの店を訪れたきっかけは、オープン前の試食会にお呼ばれしたから♪もちろん食べ物は無料(≥v≤)一人につきEntree(前菜)とMain(主食)が1つずつっていうリミットはあったけど、7人で行ったから7つずつオーダーして皆で分け合いました☆そっちの方が色々試せるしね☝( ∂u∂•)

あまりにもウエイトレスのお姉さんがススメるから、まずはフレッシュジュースで乾杯。

前菜に、3種類の餃子(ダック、チキン、海老)、チリ・イカ揚げ、唐揚げとネギマ串を注文☆餃子は、チキン以外は揚げてあり、ダック餃子のソースにはHoisinソースが使われてマス☆(ダックの味が濃い為)ソレ以外の餃子のソースは普通の餃子のタレ。

チリ・イカ揚げに添えられていたソースは何とライムシロップ☆甘さと辛さの共演です(ºvº•)ノ

さぁ〜続いてメインへ…→→→

キチンカレーラーメンと海老カレーラーメン…これは日本のカレーじゃナイッ(*0*)スープにはココナッツクリームが入ってて、味はまるでラクサのよう。コリアンダーもトッピングされてるし、スープの見た目もまさにマレーシア料理っぽいよね(^_^;)味は美味しかったケド☆

焼うどんには魚のそぼろが上にトッピングされてました。

焼きそばに添えてあったステーキは丁度良いミディアム♡でも麺は私好みじゃなく柔らか過ぎたカナ…(>_<)

このWagamamaっていう日本食レストラン(?)は、ある香港人がロンドンで数年前に設立☆その後売れに売れて、今ではロンドンに50店舗、その他ドゥバイ、USA、フランス、エジプト、オーストラリア、ベルギー、アイルランド、トルコ、ホーランド…等等世界中に広まってるんだってw(ºOº)wスゴい!

でも、主要アジア国には一切存在しないってコトは、やっぱりこのメニューは外人さん用に作られたんかな??日本でこの店オープンしても長く続かないと私は思う…(º-º;))日本は競争率高過ぎるっ!

個人的に、このメニューに対して値段がちょっと高いカナって思うけど…まあオージーを狙いとした店なんで良しというコトで(^_^;)v


Dog Refuge Home (WA)

Posted November 30th, 2008 in にほんご | 2 Comments »

nicoくん

  • 住所:30 Lemnos Street, Shenton Park, Perth (WA)
  • 電話: 08 9381 8166
  • 11am – 4pm (木曜、祝日はお休み)
公式サイトはコチラ
ワンちゃんの里親になって下さる方、ボランティアとして施設でワンちゃんのお世話をして下さる方、随時募集しています!!
*里親対象者はPR(永住権)保持者の方のみとさせていただきます。捨てられたり要らないといって施設に置いていかれた可哀想な動物達の最後のお家を探しています!                                                          
                                                     
*ボランティアについて*
ワンちゃん達も立派な生き物。そんな彼らのお世話を任されるので、ボランティアを希望する人は半端な気持ちで応募しないで下さい(≥_≤)レギュラー的に協力できる方を募集しています☆